アートの日2023  担当:戸羽博史先生
ピタゴラスイッチ的迷路 2023年8月

自分でどういう風に転がせたいのかイメージする!がテーマ。なかなか難易度高めでみんな頑張って作成していました。出来上がって、迷路にビー玉転がしてみると~~~「わー!」歓声があちこちで起こっていました。おもしろかったね!

色鉛筆画 2023年7月

戸羽講師からメッセージ~今日はシンプルに絵を描きました。絵は、何かを見て描く「模写画」と、想像で描く「イメージ画」があります。人間は大人になってしまうとイメージが沸きづらい傾向にあります。それがダメではありませんが幼少期の創造豊かな時期を大切に育てると豊かな人生の糧になると私は思います。今の時期の頭の中の世界を大切にしてほしいですね。

立体造形 2023年6月 

プラダンを切って組み立てて自由にデザイン。気分はすっかり建築家!みんな真剣なまなざしでした。

野外でスケッチ 2023年5月 担当:天使のわスタッフ

北海道大学構内で新緑色に囲まれて色鉛筆スケッチをしました。すずめが何度も近寄ってきて愛らしい姿を見せてくれました。木々の上では野鳥の鳴き声が賑やか。木陰で柔らかな陽射しを浴びて、爽やかな風を感じながらのアート活動でした。

光りの箱 2023年4月

カラフルなセロファン、折り紙を切って丸めて透明ケースに並べると、光の乱反射で驚きの美しさに!「色で遊ぶ」不思議な色の世界を創り出していた子どもたちです。

紙粘土アート 2023年3月

真っ白い紙粘土をコネコネ、芯材を使って大作を作る子、可愛らしいオリジナルキャラクターを作る子、自分の世界に没頭。指先を使って形作る創造性を発揮した一日でした。

マステアート 2023年2月

マスキングテープを指でちぎったり、ハサミでカットして下絵に貼っていきます。マステの色合い、ぼかし、クッキリ、シャープになどなど、それぞれの世界に没頭する子どもたち。子どもたちの集中ぶりにアートの戸羽先生も感動してました。みんな、思い通りに表現できたね!

色鉛筆でスケッチ 2023年1月

「色鉛筆でスケッチ」今日は野菜や果物などの「実物」を見て絵を描きました。
戸羽先生「絵を上手に書くポイントは、①よ~く形を観察する。②よ~く色を見極める。そして、③何度も練習する。楽しんで描けたら嬉しいですね。」

カジキマグロを描きながら説明する戸羽先生

戸羽先生のスケッチ

「天使のわ」お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-5287-3600
営業時間
平日 11:30~19:30
土・祝  8:30~16:30
休業日
日曜日

「天使のわビジョン」お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

080-3230-3600
営業時間
平日  11:30~19:30
土・祝   8:30~16:30
休業日
日曜日