支援内容

学習支援を中心に、社会性スキルや子供の能力を高め、心の癒しをサポートします。
指導員は全員、傾聴などのトレーニングを受け、子供の心に寄り添います。
子供の気持ちを受け止め、安心して自己表現ができるように促します。

11774315_692543614209878_32613919_n

「一人ひとりを大切に」をモットーに地域に根ざした学習教育を目指しています。読み書きや計算が苦手な小学1年生から大学受験生まで一貫した学習支援が可能です。学習を通して、人格形成や自立した学習を応援します。
学び進めることで、将来の夢や希望を持ち自己肯定感を持つことが出来て、社会へと巣立つチャンスが広がります。

【学習支援の方針】
☆将来の夢の発見・実現のために、あらゆる選択肢や可能性を共有し、自己肯定感を高めます。
☆アセスメントに基づいた個別支援計画による、一人ひとりの特性に合わせた療育支援をし、苦手の克服だけでなく、自分の得意を伸ばし評価される居場所をつくります。
☆興味を持ったことについて、自主的に情報を集め、学習を継続できるように目指します。

【学年に応じた支援】
小学校1~4年 国語・算数が中心
小学校5~6年 国語・算数を中心に、理科・社会・英語も興味関心に合わせて
中学生 主要5教科を中心に、副教科も含めて内申点対策
高校生 レポートや提出物、学力に合わせた戻り学習

【具体的な支援内容】
・個別に学習教材を選定し、デイから提供
・学校の授業進度に合わせた課題のフォロー
・子供の発達段階、現在の学力に合わせた体系的な戻り学習
・定期テスト対策、学校別のテスト傾向の分析、学校情報の収集
・提出物の締め切りや家庭学習の計画など、スケジュール立案の支援
・学校の授業の受け方、ノートの取り方や予習
・復習の方法の指導

・中学・高校・大学・専門学校受験対策
・不登校の子供への対応

・学校や他の療育機関との連携

☆人間関係を中心とした社会性を身につけるためのSST(ソーシャル・スキル・トレーニング)
できないことの克服はもちろん、
できることがさらに上達できるようにし、
自己肯定感を高める。

できなかったものができるようになる、
やらなかったことをやるようになる、
プロセスや成果を最大限ほめて評価し、
自己肯定感を高める。

スクリーンショット 2015-07-12 15.35.23

11748610_692543800876526_299132145_n

【ブレインジム】

LD・ADHD対策として、欧米などで小中学校に導入され、現在では世界約80カ国以上の教育機関などで取り入れられている体操です

【BBA(Building Block Activities)】

乳幼児の成長に必要な刺激を、もう一度体に伝えて、心と身体と脳の繋がりの土台を作り直し、さまざまなことを学びやすくする。
BBAという簡単なエクササイズで、子供がもっている可能性を引き出していきます。
例えば、自閉症、脳性麻痺、ADDやADHD、アンジェルマン症候群、言葉障害、脳損傷、全盲、難聴、脳卒中による障害など。
新しく習得したスキルは心や身体の様々な困難に応用できます。
講師:原田明美 国際教育キネシオロジー財団認定インストラクター
MBL社認定BBAsインストラクター

11739730_692547107542862_519695655_n

11751377_692550447542528_1986903724_n

【特別クラス】
週により内容が異なります。
・アート
・ボイストレーニング
・クッキング
・書道など
子供たちの五感や感性が磨かれます。心が開放されて、秘められた可能性を引き出します。

【ビジョントレーニング】
視覚の入力機能と認知機能を高めるトレーニングです。デイでは、簡単な眼球運動やドリルなどを使ってトレーニングしております。

【ICT】
デスクトップパソコンを使い、キーボード入力やマウス操作の習得。 検索やワード&エクセルの作成。 iPadを使い、漢字の筆順やアプリを使った学習。 個人に合ったICTの活用。