連携

保護者様との連携

天使のわでは、より良い療育を行うために保護者様との共通認識やコミュニケーションが大切だと考えています。

・連絡ファイルで当日のお子様の様子をご連絡します。
・6ヶ月に1回、個別支援計画を作成しますので、保護者様との定期面談を実施しています。
・その他、不安や心配なことがあれば、随時、相談を行っています。
・保護者様だけではなく、適宜、学校と連携してお子様をサポートします。

 

スクリーンショット-2015-07-12-16.19.47

専門家との連携

・臨床心理士による個別相談の実施
・児童精神科医、特別支援学級教諭との連携

・天使のわの指導員には以下の専門スタッフがいます。
臨床心理士、スクールカウンセラー、心理カウンセラー、精神保健福祉士、ブレインジムインストラクター、保育士、保健師、看護師、書道師範、華道師範、鍼灸師

精神科医【長沼睦雄先生】

道立緑ヶ丘病院 児童精神科医などを経て、平成28年「十勝むつみのクリニック」開業。

著書「活かそう!発達障がい脳―「いいところを伸ばす」は治療です。」

長沼睦雄先生は当事者・支援者向けの勉強会を札幌・帯広・釧路で開催しております。

スクリーンショット 2015-07-20 18.56.20

2011年6月出版「活かそう 発達障害脳」花風社

81qSzw52s7L-1-204x300

2016年5月10日出版「敏感すぎる自分を好きになれる本」青春出版社

13414049_829732660490972_1856199998_n-204x300

2015年9月10日出版「気にしすぎ人間へ」青春出版社

2017年3月出版コミックエッセイ 敏感過ぎる自分に困っています 宝島社

2017年6月15日出版「子どもの敏感さに困ったら読む本」誠文堂新光社

sukkiri