ブレインジム

ブレインジムは、学習障害を助ける画期的な動きのプログラムとして開発され、世界80以上の国々で、家庭や仕事場、学習が 必要なあらゆる場所に導入されています。

ブレインジムとは?
人が生まれながらにしてもつ潜在能力と再びつながることを 助ける、安全で簡単なエクササイズです。 各プログラムは、人の発達段階に根ざした自然な動きと「気づき」 をツールとして、心身機能の調和と統合を図り、個人のもてる力を 楽に引き出すプロセスを提供します。 ブレインジムの動きは新しい神経経路を活発に構築し、認識や 学業への準備が整った状態へと導くのに有効です。 またどんな分野における学びに対しても学習効果と能力の向上 を図ります。

教育キネシオロジー
「動き」は「学び」への扉 生きるとは動くことであり、動くことから学びがはじまります。 学習障害という言葉は、教育キネシオロジーを学ぶもの には存在しません。なぜなら学びを阻むものがそこには 存在するだけだからです。 自分自身を尊重し、あるがままの自分を知り受け入れるこ とをめざしています。 本来学びとは非常に個人的なものです。それぞれのいる ところから、自分のペースで安全に心地よく学んでいくこと に開いていれば、本来的な自分の価値に触れることにな り、学ぶことへの満足感を得られます。 Brain Gym(ブレインジム)は教育キネシオロジー財団 /ブレインジムインターナショナルの登録商標です。

ビルディング・ブロック・アクティビティ(以下BBA)
長年にわたり障害児教育に関わってきた教育者である アメリカ人のセシリア先生が提唱するクライアントの状況に合わせ て使う動き(BBA)です。 乳幼児の成長に必要な刺激を、もう一度体に伝えて、心と身体と 脳の繋がりの土台を作り直し、さまざまなことを学びやすくする BBAという簡単なエクササイズで、子供がもっている可能性を引 き出して行きます。 子どもや大人のニーズをくみとり、それらのニーズに合うプログラ ムを発展させ、プログラムを評価し、学びと成長がおきるように変 化させます。 例えば、自閉症、脳性麻痺、ADDやADHD、アンジェルマン症候群、 言葉障害、脳損傷、全盲、難聴、脳卒中による障害など。 新しく習得したスキルは心や身体の様々な困難に応用できます。

Share Social